サーバーも水も選択できるのです

ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーとは、新鮮な水を出してくれる機械です。サーバーは業者からレンタルして設置することもできます。その場合は定期的なメンテナンスを受けられます。
また、ウォーターサーバーに設置する水は宅配で届けてもらうことができます。
ウォーターサーバーの種類は借りるときに選ぶことができます。背の低いサイズの型を選べば子供でも自由に使えます。大人だけが使いたいなら背の高い型のものを選ぶということもあります。また、省エネにも対応したタイプがあります。また、ボトルの種類も一つではありません。大きいタイプと小さいタイプがあります。一人暮らしなのか、家族なのか、どのくらいの頻度で飲む予定なのかを考えてサイズを選びます。

水にも種類があります

ウォーターサーバーだけではなく、水にも種類があります。自然の中から水を採取したものを天然水と言います。同じ天然水でも、採取する場所によって種類があります。さらに、ミネラルの量によっても種類が変わります。最低限の処理のみで、ミネラルを多く残しているものをナチュラルミネラルウォーターといいます。加工をくわえたものをミネラルウォーター、ミネラルウォーターよりもミネラル分が少ないのをナチュラルウォーターといいます。
天然水のほかに、RO水があります。RO水は、天然水以外をRO膜というフィルターでろ過したもので、ミネラルなどを人工的に添付しています。天然水に比べると低コストなので、消費者もリーズナブルに利用できます。

ウォーターサーバーの電気代は、機種によって大きく異なるため、省エネタイプを選択することで、電気代の負担を軽減できます。